保育園での保育士の役割は、子どもの安全を第一に考え、集団生活の中で子どもたちが心身ともに健やかに成長していく手助けをすることです。
一日の中で、保育園で過ごす時間が長い子どもたちも多く、それだけに保育士は大きな役割を担い、責任を持って保育にあたらなくてはなりません。

また、いろいろな家庭の事情で保育園を利用する保護者の方々が、安心してお子さまを預けられるような配慮をすることも大切な仕事のひとつです。
保育士には、子どもたちと関わる時間以外にもたくさんの仕事があります。
幼少期の子どもたちは、とても多くのことを吸収し、すごいスピードで成長していきます。 日常の保育を円滑に進めるためにも、0歳から5歳までの年齢にあったカリキュラム作りはとても重要です。

その他、子どもの成長記録の作成、保護者へのお便り、設定保育や行事の企画、準備など多くの仕事をこなさなくてはなりません。
保育士の一日は、子どもを安全に受け入れるための環境整備から始まり、季節や天候に配慮しながら、子どもたちが楽しく過ごせるための準備をします。
「お天気がいいので公園の桜を見にちょっと遠出しよう」 「今日は暑くなりそうなので水遊びの準備をしよう」 「子どもの日が近いのでこいのぼり制作をしよう」 など一日の活動の準備を前日や子どもたちの登園前に行います。
【朝の自由遊び】
「おはよう」 の挨拶とともに子どもたちが元気に登園。
ママと離れるのが悲しくて、泣いてしまう子もいますが、一人一人の樣子や健康状態をきめ細かく観察し、必要があれば保護者の方にも確認をします。
それから子どもたちは、保育士が準備した年齢別の遊具で遊び始めます。
自由遊びの時間は、子どもたちの遊びの樣子や状況に配慮し、楽しく過ごせるように常に気を配ります。
【朝の会:その日の活動】
全員がそろったら、朝の会の始まりです。
歌をうたったり、体操をしたり、設定保育や外遊びなど、みんなそろっての活動が始まります。
この時、安全な活動のために、子どもの人数や健康状態に合わせた保育士の配置などを考えることがとても大切となります。
【昼の活動】
落ち着いた雰囲気の中で食事がとれるように準備をします。
手洗いや清潔の指導、スプーンや箸の正しい使い方、食事の仕方など生活習慣が身につくように見守り、配慮し年齢にあったお手伝いをします。
【午睡】
昼食が済んだら就寝準備をしてお昼寝タイム。
保育士はその間、交代で食事をすませ休憩をとりながら、午睡の見守り、保育日誌、連絡ノートの記入、午後の活動の準備などの仕事をこなします。
【おやつの時間: 帰りの会】
午睡から目覚め、おやつを食べて、帰りの会をして、もうすぐ一日の活動が終わりに近づくこの時が、実は一日の中で一番怪我が多い時間帯なので、油断せず、気持ちを引き締めて子どもたちを見守る必要があります。
【降園準備】
子どもたちは降園まで、自由遊びをして過ごします。
お迎えが来たときは、今日一日の子どもの樣子をできるだけ保護者の方に伝えます。
「ほめられたこと」 「できるようになったこと」 「しかられたこと」 など良いことも、悪いことも含め話をしながら、家庭での様子を聞いたり、育児の悩みの相談を受けたりと、子どもの成長を共に見守り情報を共有するための大切な時間となります。
早番や遅番などの時間差勤務の中、その日の個々の子どもの健康状態や、申し送り事項、保護者からの伝言など、子どもたちの情報を共有するための工夫が、円滑な保育園運営のために必要となります。 一人一人の自覚と努力も大事です。
保育士とは
保育園での保育士の役割は、子どもの安全を第一に考え、集団生活の中で子どもたちが心身ともに健やかに成長していく手助けをすることです。
一日の中で、保育園で過ごす時間が長い子どもたちも多く、それだけに保育士は大きな役割を担い、責任を持って保育にあたらなくてはなりません。

また、いろいろな家庭の事情で保育園を利用する保護者の方々が、安心してお子さまを預けられるような配慮をすることも大切な仕事のひとつです。
保育士には、子どもたちと関わる時間以外にもたくさんの仕事があります。
幼少期の子どもたちは、とても多くのことを吸収し、すごいスピードで成長していきます。 日常の保育を円滑に進めるためにも、0歳から5歳までの年齢にあったカリキュラム作りはとても重要です。

その他、子どもの成長記録の作成、保護者へのお便り、設定保育や行事の企画、準備など多くの仕事をこなさなくてはなりません。
保育士の1日
保育士の一日は、子どもを安全に受け入れるための環境整備から始まり、季節や天候に配慮しながら、子どもたちが楽しく過ごせるための準備をします。
「お天気がいいので公園の桜を見にちょっと遠出しよう」 「今日は暑くなりそうなので水遊びの準備をしよう」 「子どもの日が近いのでこいのぼり制作をしよう」 など一日の活動の準備を前日や子どもたちの登園前に行います。
【朝の自由遊び】
「おはよう」 の挨拶とともに子どもたちが元気に登園。
ママと離れるのが悲しくて、泣いてしまう子もいますが、一人一人の樣子や健康状態をきめ細かく観察し、必要があれば保護者の方にも確認をします。
それから子どもたちは、保育士が準備した年齢別の遊具で遊び始めます。
自由遊びの時間は、子どもたちの遊びの樣子や状況に配慮し、楽しく過ごせるように常に気を配ります。
【朝の会:その日の活動】
全員がそろったら、朝の会の始まりです。
歌をうたったり、体操をしたり、設定保育や外遊びなど、みんなそろっての活動が始まります。
この時、安全な活動のために、子どもの人数や健康状態に合わせた保育士の配置などを考えることがとても大切となります。
【昼の活動】
落ち着いた雰囲気の中で食事がとれるように準備をします。
手洗いや清潔の指導、スプーンや箸の正しい使い方、食事の仕方など生活習慣が身につくように見守り、配慮し年齢にあったお手伝いをします。
【午睡】
昼食が済んだら就寝準備をしてお昼寝タイム。
保育士はその間、交代で食事をすませ休憩をとりながら、午睡の見守り、保育日誌、連絡ノートの記入、午後の活動の準備などの仕事をこなします。
【おやつの時間: 帰りの会】
午睡から目覚め、おやつを食べて、帰りの会をして、もうすぐ一日の活動が終わりに近づくこの時が、実は一日の中で一番怪我が多い時間帯なので、油断せず、気持ちを引き締めて子どもたちを見守る必要があります。
【降園準備】
子どもたちは降園まで、自由遊びをして過ごします。
お迎えが来たときは、今日一日の子どもの樣子をできるだけ保護者の方に伝えます。
「ほめられたこと」 「できるようになったこと」 「しかられたこと」 など良いことも、悪いことも含め話をしながら、家庭での様子を聞いたり、育児の悩みの相談を受けたりと、子どもの成長を共に見守り情報を共有するための大切な時間となります。
保育士同士の連携
早番や遅番などの時間差勤務の中、その日の個々の子どもの健康状態や、申し送り事項、保護者からの伝言など、子どもたちの情報を共有するための工夫が、円滑な保育園運営のために必要となります。 一人一人の自覚と努力も大事です。